<

デジタルパーマ(形状記憶パーマ)とはカテゴリの記事一覧

デジタルパーマはデジパ

デジタルパーマも、だいぶ普及しましたね。

デジタルパーマの出だしは、2004年くらいから。
2005年の末にはだいぶ知られるようになりました。

当時は、デジタルパーマも各メーカーから発売され、その名称もいろいろで、デジタルパーマ、システムキュール、形状記憶パーマなどと言われていました。
セレブカールやマイクロパーマなど、今となっては、こっちが良いじゃんという名前もありました。

各サロンでも違った名称で呼んでたりするので、少し戸惑いますね。

今はデジタルパーマより「デジパ」が多いかな(笑)

いずれにせよ、デジタルパーマは各サロンでの担当者の腕にかかるところが大きいので、友達からの情報や口コミなどを利用されると良いでしょう。

デジタルパーマ(形状記憶パーマ)とは?

デジタルパーマとは、加熱するロッドを、デジタルでコンロトールすることにより、微妙な温度調整を行うことで、よりダメージの少ない低温で処理できるようにしたものです。

デジタルパーマは、こんな方に向いています。

・矯正パーマの毛先にパーマをきれいにかけたい方
・ホットカーラーやアイロンのセットがあまりしたくないという方
・部分的にボリュームアップしたい方
・傷んでいてきれいにパーマがあたらない方
・これまでパーマがうまくあたらなかった方
・これまでパーマが落ちやすい方

あなたの大切な髪のためにも、きちんと自分の髪の特質を知って、適切なパーマをかけるようにしましょう。