<

デジタルパーマ(形状記憶パーマ)の特徴カテゴリの記事一覧

デジタルパーマ(形状記憶パーマ)の特徴

形状記憶なので、乾かすだけでアイロンやホットカーラーで巻いたような弾力のあるカールが再現します。また、矯正パーマやカラーリングなどで傷んだ髪でもカールをかけられます。

形状記憶ですから、濡れている時はカールはあまりでていませんが、乾くとアイロンやホットカーラーで巻いた様な仕上がりになります。

■デジタルパーマのメリット
・自然乾燥のままでも、形状記憶なのでカールが再現できる
・今までパーマが当たりにくかった人もデジタルパーマならかかりやすい
・パーマの持ちがいい
・髪が傷みにくい
・縮毛矯正をしていても、パーマが当てられる

■デジタルパーマのデメリット
・ふつうのパーマより価格が割高

カラーリングのしすぎで傷んだ髪にパーマをかけるなら、デジタルパーマがいいでしょう。